現代人に増えてきているストレートネックとは?

 

初めに、ストレートネックは病名ではありません。

 

ストレートネックとは…頚椎の生理的前湾角度30度以下の首の状態をさします。

 

正常な首の前湾角度は30〜40度です。

 

この角度が少ない場合、慢性的な頭痛や、首の痛み・肩コリ・腰痛などに悩む原因となります。

 

なぜ、前湾角度が真っ直ぐな状態に近くなるとこのような症状に悩まされるのかと言うと、

 

頭はボウリングボールくらいの重さがあり、それを支える首が負荷を分散しようと前湾角度30〜40度にし、首に掛かる頭の重みを分散しているのです。

 

しかし、ストレートネックで首がまっすぐな状態になってしまうとその負荷が頸椎だけでは支えられず筋肉に掛かってしまう事になります。

 

そして首の痛みが脊椎全体に広がり、肩コリ・腰痛・頭痛などを引き起こしてしまうのです。

 

ストレートネックを治すには?

 

病院などでレントゲンやMRIを撮ると正常よりも首がまっすぐだ、と説明を受けますが、これといった治療方法がないので、筋肉を和らげる薬や、マッサージなどを受けるくらいしかありません。

 

しかし薬ですと全身に作用してしまいますし、マッサージも首の角度を改善する治療にはなっていません。

 

地道に鍼などで筋肉の緊張をゆるめながら、ストレートネックになってしまった原因を改善していくしかありません。

 

ストレートネックになってしまう原因

 

長時間のパソコン作業がもっとも代表的な原因で、次にバレエや社交ダンスで過度な姿勢矯正をしている人がストレートネックになりやすいと言われています。

 

そして、低反発枕などの体、または頭が沈み込んでしまう寝具を使うことも、ストレートネックになる原因です。

 

頭が沈みやすい低反発枕などは一見自分にフィットしてくれているように思われますが、自由が効かず、寝返りが打ちにくい状態になってしまいます。

 

自然な寝返りが打てないと同じ姿勢で睡眠することになってしまい、首の筋肉が緊張して真っ直ぐな状態になってしまうのです。

 

なので、寝具を選ぶ時は自然な寝返りが打てる枕を選ぶ必要があります。

 

それが低反発枕の反対である、高反発枕。

 

私は通っている整体師の勧めで購入した『めりーさんの高反発枕』というものを使っています。

 

 

4段階の高さ調整が出来るので自分に合った高さに調整できますし、なにより首をしっかり支えてくれる設計なところがおススメです。

 

 

 

このように首を支えてくれるので仰向き寝もしやすいですし、横向きの状態でも楽なので、寝返りを打っても違和感で目が覚める、なんてこともありません。

 

朝起きて首が痛い、と思うこともなくなりました。

 

めりーさんの高反発枕の公式サイトはコチラ

 

ストレートネックにおススメのストレッチ

 

ストレートネックを治すには日々の努力が必要です。

 

そこで、毎晩お風呂に入って筋肉の緊張が緩んでいる時に、首の後ろでバスタオルをもち、バスタオルを首に当てながら逸らす、というストレッチをすると徐々に首の湾曲度が戻っていくそうです。

 

このストレッチは整体の先生に聞いたもので、私は毎日欠かさずやっています。

 

また、パソコン仕事をしているなら、1時間おきに首を逸らしたり、首を回してみたり、横に倒したりとストレッチをするといいそうです。

 

そのおかげか最近首コリはもちろん、肩コリや腰痛を感じる感覚が狭まってきました。

 

簡単なストレッチなので毎日続けてみてくださいね。