高反発枕と低反発枕を比較

 

高反発枕と低反発枕……、といえば低反発枕が有名ですよね。

 

スーパーなんかでも低反発枕が置かれていますし、商品の数も多く、逆に高反発枕は見掛けません。

 

なので朝起きて首が痛い方におすすめの枕(トップページ)で紹介した「めりーさんの高反発枕」は低反発枕とどう違うのか気になるところ。

 

低反発よりも高反発枕がおすすめな理由を紹介するために、このページでは低反発枕と高反発枕の違いについて紹介して行きたいと思います。

 

高反発枕は頭が沈み込まないので寝返りを打ちやすい

 

低反発枕は柔らかくて頭がよく沈み、頭にフィットして気持ちがいいのですが、頭が沈んでしまうため寝返りが打ちにくいというデメリットも持っています。

 

寝返りが打ちにくいとずっと同じ姿勢で睡眠することになってしまうので「ストレートネック」という現代病になってしまいます。

 

通常首の骨は反れていて、頭の重みからくる首の負担を軽減しているのですが、ストレートネックと言う真っ直ぐな首の状態になってしまうと大きな負担になり、それが首コリの原因になります。

 

(首コリだけではなく背中の痛み、腰痛、肩コリにも繋がってしまいます)

 

一方で、高反発枕は頭が沈みこまないので寝返りが打ちやすいと言われています。

 

寝返りが打ちやすければ床ずれや、身体の一部分に負荷が集中することを回避することが出来るので、朝起きた時に身体の一部が痛いといった症状にも悩まされなくなります。

 

そもそも寝返りは、寝心地が悪いからするのではなく、上記のようなことを回避するための自然な行為ですので、寝返りを打ちやすい枕と言うものは、自然な睡眠が出来る枕ということになります。

 

しかし、低反発になれてしまっている方にはどうしても頭がホールドされず寝心地が悪いと感じる方もいるそうです。

 

が、この寝心地の悪さは慣れてきます。

 

低反発枕で寝てみると、その時はしっくりきたような寝心地だと思うのですが、実はちゃんと身体が休まっていなかったのです。

 

めりーさんの高反発枕の場合は頭ではなく首をしっかり支えてくれているので、首の楽さで頭の違和感をカバーすることができます。

 

ストレートネックにならないよう首を伸ばす設計になっているところも首コリに悩まされる方におすすめのポイントなんです。

 

高反発枕は耐久性に優れているからへたれにくい

 

高反発枕のさらに良い点は耐久性に優れているからへたれにくく、通気性にも優れているところです。

 

さらに高反発枕で使用されている材料は天然のものを用いている商品が多いのも特徴です。

 

低反発枕の場合は熱がこもりやすく、温度の変化によって体感も変わってしまうのですが、高反発枕はそのようなデメリットがない点もおススメです。

 

なので一度買ってしまえば長い事使い続けることが出来るのです。

 

確かに低反発に比べ、高反発枕は高い商品しかありませんが、将来の事を考えると、へたれにくい高反発枕のほうが経済的ですね。

 

めりーさんの高反発枕の公式サイトはコチラ